「バーサタイル」に不満を感じる理由・・・1

先日のブラストビーツ(BBC-73MH)の許容ルアーウェイトに関するショックが尾を引いているオカドバ管理人です・・・(@_@)

管理人の勘違いだったのかしら・・・。そうなると、許容ルアーウェイトと値段のバランスという観点では・・・ダイワではハートランド651M/MHRB-RR17を狙うしかなくなってきますが、1ピースなんですよね(^_^;)

本当に悩ましい・・・。1ピースのロッドがマルチピースよりロッドとして優れている点は十二分に理解できますが、「そこ」は重要じゃないんです。「そこ」についての話は次回書いてみたいと思うのですが、今回のテーマは、『「バーサタイル」に不満を感じる理由』でお送り致します。

スポンサーリンク

「バーサタイル」という言葉を誤解していました。

ここ最近、バスフィッシングに対して若干ストレスを感じていました。・・・というのも、「タックルを増やしたい」という欲望と「タックルを厳選したい」という欲望がケンカしているからなんです。

「バーサタイル」という美学

バーサタイルって、「用途が広い」とか「万能」とか「汎用」って意味ですよね。

これを、陸っぱり専門のオカドバ管理人は「許容範囲が広い」って意味で捉えていたんです。

ロッド一本で、ほぼ何でも出来る!って位のイメージです。

恐ろしく単純な男ですね・・・(T_T)

 

 

で、最近やっと気付けたのが、ホリデーアングラーのバーサタイルって、バーサタイルロッドに辿り着く順番が大切なのかな?ってことなんです。

・・・どういうことかと言いますと・・・。

スポンサーリンク

オカドバ的バーサタイルロッドの解釈

「バーサタイル」が有効になる場面って、こういう場面だと気付いたんです。

有効な釣り方が分からない上に、ロッドの本数が限られる場面

まずは一見単純な理由です。陸っぱり大会のレギュレーション等、どんな理由であれ、「持ち歩けるロッドの本数が限られる場合」ですね。

限られたロッドの本数で様々な釣りをカバーしたいから、バーサタイルなロッドが必要だと言うことです。

・・・何を当たり前の事を言っているんだ??ってなりますよね。

管理人が最近やっと気付けたのが、

バーサタイルなロッドが有るから、持ち歩くロッドの本数を少なく出来る。ってのは真逆なんです。

はい。一見似ていますが、全然違います。

要は、バーサタイルなロッドは、バーサタイル性が必要とされる状況でのみ効果を発するんです。

オカドバ管理人はの捉え方をしてしまっていたので、「ロッド一本で釣り歩けるバーサタイルロッドを探しているのに、満足できない」なんていう戯れ言が頭に浮かんでいたのです。

自分のしたい(好きな)釣りが、まだ決まっていない時代

これもバーサタイルロッドが活きてくる場面ですよね(^o^)投げたいルアーの種類や重量を絞り切れていない状態です。

 

たまたま投げたトップウォーターへの「ガボッ!」に惹き込まれる。

ダウンショットリグを使ったら小さいけれどたくさん釣れた。

クランクベイトを巻いている最中の「ゴン!」にテンションUP

 

こんな経験を通じて、自分の好きなスタイルが出来てくるはず。

このスタイルが出来上がるまでの間に必要なタックル「バーサタイルなタックル」なのだと思うのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーサタイル性が必要でない状況でのバーサタイルロッドは、「ど真ん中以外の釣り方に少なくない不満感が生じる」ってことなのです。

とっても基本的な考え方の一つに「自分が何をしたいのかを大切にする」ってことがあります。

「バーサタイル性を謳うロッドに不満を感じる」と凹んでいた管理人は、そりゃそうだ・・・ってことです。

今回のバーサタイルの件は、オカドバ管理人にとって、大きな気付きでした。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA