川バスの大好きなドリフト おかっぱりでの大切なコツ②

おかっぱりバスフィッシングを
こよなく愛する
オカドバにお越し下さり、
ありがとうございます。

 

今回のテーマは

川バスの大好きなドリフト
大切なコツ②

です。

 

前回の記事では、

ドリフトのコツのうち、
「張らず緩めずの解釈」について
キャスト位置のコツも併せて
紹介しました。

 

今回は、
ドリフトをさせやすい、
残り2つのコツについて
紹介していきます!

 

ラインについて

今回もいきなり核心ですが、
おかっぱりでのドリフトには、
ライン選び
めちゃくちゃ重要です。

 

ドリフトさせやすさが全然違う。

 

気がついたら根掛かる・・・。

 

そう感じている、
そこのアナタ!!

 

もしかして、
フロロ使ってません??

 

・・・ということで、

おかっぱりでのドリフトには、
カーボナイロン
試してみて欲しいのです(・ω・)

 

おかっぱりのバーサタイルなラインです。

 

管理人は、ドリフトを多用しながら
川バスを狙うときは特に、

ベイトタックルでは
カーボナイロンオンリー。

スピニングでは、
メインラインをPE、
リーダーをカーボナイロンで
組んでいます。

 

カーボナイロンがイイ

 

ってわけじゃなくて、
フロロがムズいんですよね(・ω・)

 

ということで、
ライン選びの理由について
纏めてみたいと思います。

 

ドリフトがしやすいライン

 

ドリフトをする時に、
ラインの角度が大事なのですが、

これはキャスト位置や距離によっては
フロロでも保てます。

 

・・・短距離なら
そこまで気にならない。

でも、少し距離が出てくると、
フロロでは
急に難易度が上がる瞬間が
訪れます。

 

・・・そう。

根掛かり。

 

ドリフトでは、
ボヘ~ッと水中を漂わせる訳ですが、
ボトムを転がす場合も多いわけで・・・。

 

その時に、
ドリフトをさせる距離が
長ければ長いほど
立ち位置からポイントまでの距離が
遠ければ遠いほど

 

ラインはどんどん沈んで行きます。

 

ラインが沈むこと自体は、
扱うリグにとっては
「速く沈む」など、
メリットになることも多い
のですが、

メチャクチャ深い場所でなければ、
ナイロンラインでも
不満なく沈ませられます

操作感も、
15メートルそこそこであれば、
正直それほどの差は無い感じです。

 

そもそも「漂わせる」のが
ドリフトですから、
ゆるさの許容範囲も
広めですしね(^_^;)

 

一方で、
沈みやすいことが
デメリットになります。

ラインがどんどん沈んで、
ラインの途中が
障害物に引っかかった
・・・にも関わらず、
リグはゴロゴロとドリフトする。

 

少しラインを引っ張って
修正しようとすると、
途中で引っかかった部分に
リグが寄せられ・・・。

ジ・エンドですわ(@_@)

 

これが頻発して以降、
カーボナイロンに
辿り着きましたよ・・・。と。

 

これだけでストレスが減る。

ストレスが減ると、続けられる。

続けると・・・釣れる。

 

釣れるまで続けられることが
大事ですもんね。

 

じゃあナイロンで良いのでは?

 

ってことですが、

コスパが良いのと、
他の釣り方もしたくなる僕は
CN500でやっていますが、

おかっぱりのバーサタイルなラインです。

勿論ナイロンでOKだと思います。

フワーッとしそうですしね。

 

フロロだと僕にとっては
操作がややこしいなぁ・・・(=_=)

 

という感じです。

 

リグについて

 

ドリフトのコツの中で、
最後のコツは、
リグについてです。

 

ドリフトでは、
リグを漂わせます。

 

・・・ということで、

ボトムに突き刺さらない重さで、
スイベルを付け、
オフセットフックを使用した
リグがお薦めです。

 

スイベルとオフセットフック

 

水中をボヘーッと漂う中で、
リグは水流と障害物に揉まれます。

 

揉まれると、ラインがよれます。

障害物に揉まれると、
根掛かりの可能性も出てきます。

 

ラインのよれは、
イライラに直結します。

根掛かりは、
テンションダウンとゴミを増やします。

 

・・・ということで、

オカドバ管理人は、
リングオフセットでノーシンカー(時々ネイル)

NSSフックパーフェクションでネコリグ

事前にリグっておこう

の使用頻度が高いですね(・ω・)

 

根掛かりの可能性が低かったり、
ボトムをずっと転がさないなら、
ガードを短く切って硬くした
ガード付きのマスバリでの
ノーシンカーワッキーも使用しますが、
やっぱり気を使いますもんね(^^;)

 

今回のまとめ

 

二回にわたって
川バスが大好きな
ドリフトの釣りについて
3つのコツを紹介してきました。

 

いかに
ダラ~ッと
心地よく流せるか

が全てですね(・∀・)

 

おかっぱりド素人バサーが
紹介するコツなので、
上級者の方には疑問点の多い
記述だと思いますが、
川バスが苦手な方の参考になれば
幸いです!

率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしか
バス釣りをしていない管理人が、
ロッドやリール、ラインやルアーの
率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、
下記からインプレ記事集をご覧下さい。

 

管理人のインプレ記事集はこちら

 

釣り好き専用LINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎて
LINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログの
ランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたら
クリック頂けると励みになります!

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

おかっぱりが好きだ!

シャローの釣りが好きだ!

 

そんな気持ちを静かに自己主張するアイテム。

 

ショア好きのための

シャロー好きのための

水辺好きのためのブランド

 

Shore2『ショア-ショア』です。

 

ブラック/シルバー

ブラック/ダークグレー

 

各アイテムは全て少量生産品です。


Shore2 オリジナルショップ

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA