おかっぱり最強ルアー ファットイカのセッティングや使い方

おかっぱり最強のルアー

【2017.12.12タイトル等修正及び追記】

ゲーリーヤマモト ファットイカ

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人の大好きなワームです。

(今ではファットイカといえば、ロボ奥田さん(奥田学さん)が有名ですね。)

逆指しノーシンカーでのバックスライドが秀逸・・・ということですが、バックスライドに拘らなくても、全然釣れます!

むしろ、バックスライド不要なほどスキッピングで最奥までねじ込めます。

今回の記事では、岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が大好きなファットイカについてまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

釣りに行って、投げない日は無い!という位大好きです。

オカドバ管理人の当時の愛用カラー

ファットイカのオススメのカラーは?

現時点でのお気に入りカラーは上記の3色です。

サイズでいえば、下記の【シナモン/グリーンフレーク #206とブラック-ブルーゼリービーンズ #020-235】が圧倒的なのですが、安定感でいえば上の3色です(^_^;)

ファットイカでロクマル寸前

ロクマル寸前を釣ったファットイカ

もちろん、ファットイカはどんなカラーでも釣れるのですが、岡山・倉敷の陸っぱりでは微妙な水色の日が多いため、ウォーターメロン系の色味が無難かな・・・というのが個人的な思いです。

基本は画像右の2つ【323-015.ウォーターメロン/スモールゴールドフレーク-チャートリュース/チャートフレーク208.ウォーターメロン/ブラック&スモールレッドフレーク】をフラスカートのアピール力の大小でローテーションするのですが、

濁っている場所や、

クリアでもプレッシャーが高い場所は、画像の一番左【155-156.トマトペッパー-チャートリュースペッパー】が最高です。このド派手なカラーは、他のカラーと比較すると、フォール中水面をフラフラと巻いている最中のバイトが圧倒的に多い印象です(>_<)

ちなみに、

画像の一番左のド派手なファットイカだけ、ヘビーカバーファットイカです。

触った感じは少し硬めで、フッキングしにくい感じはします(-_-;)・・・が、フックをセットするときに裏面に切れ込みを入れる・・・とかの工夫をすること無く、特に問題なくフッキング出来ています(^o^)寧ろ針持ちが良くて良いんじゃないかとすら感じている管理人です。

ファットイカを投げる前の下準備

ゲーリーヤマモトのウォーターメロンは、色落ちさせやすいので、ウォーターメロン系のカラーを購入した際は、使用前にまず、太陽で色落ちさせてから使っています。

管理人は車のサンルーフと車室側カバーの間で数日間保管することで色落ちさせていますが、日光が当たる場所で有ればどこでもOKだと思います。

太陽で色落ちさせると、ラメが際立つというか、良い感じに透け感が出る上に、少し柔らかくなり、

フッキングにも貢献してくれている気がします!

 

スポンサーリンク

 

ファットイカは単価は高いが、コスパも高い

ファットイカは使用の際の向きの制限が無く、360°満遍なく使用できるワームです。バスを釣り上げた後に、オフセットフックのキンク部分が裂けてしまってら、少し横にずらして刺し直せば、復活します(^^)/~~~ターボライターで炙っての再生も可能ですね(^o^)

そして、さんざん投げ倒したファットイカがボロボロになったら、スカートをちぎります

 

ちぎったスカートは、他のワームやリグに追加したり・・・、

テキサスリグに追加してベイトフィネスジグっぽく使います(^o^)

次のファットイカに追加して使うこともあります。その場合は、フラスカート2倍です!!

で、残った本体部分は・・・

スカートなしでイモグラブ的に使います!イカの要素が無いので・・・ただのファット??若しくは、ファットイモです。

スカートが無くても、釣れてしまうところが、ゲーリーの素材感と言われる所以なのでしょうか(^o^)

ファットイカのオススメのセッティング

ファットイカはノーシンカーがメイン??

初めは、ノーシンカーで使いますが、

「ここにはバス居そうなのにな・・・」「底の方にいるのかな??」という時は、沈む速度を上げたいのと、リアクション動作も行いたいので、

1.3~2.2グラムのネイルシンカーを入れて使います。【ネイルシンカーをネジで代用実験した記事もございます。】

 

ファットイカの遠投をしたい場合

ファットイカのオススメのキャスト方法をまとめた記事もご覧下さいm(_ _)m

ファットイカのフックサイズは??

フックは管理人は常に3/0のオフセットです。

ファットイカのサイズにしては少し小さく思えますが、タダ巻きでウォブリングするので、

このサイズで使います。

 定番のコーラ系 フォール中のバイトが多い。

 濁った日のチャートカラーのボトムパンプは強いです(^o^)

 安定のウォーターメロン系×チャートスカート

ファットイカだと、数釣りが出来ない??

ファットイカのようにバルキーなワームだと数釣りが出来ないのでは??と心配される場合も有りますが・・・(-_-;)

大丈夫です!「よく食べようと思ったな・・・」と感じるような、30㎝台のサイズも果敢にアタックしてきます(^_^;)

ただ、良い場所にキャストが決まると、そこにバスがいる場合は大きい個体からアタックしてきます。やはりデカバスに好まれるルアーという部分は間違いないようです(^o^)

まとめ

ファットイカは一本当りの単価は高めですが、フックを刺し直して何度も使えますし、一本のワームで何匹も釣ることが出来ますから、実は経済的です。

昔からあるワームですが、今でも岡山・倉敷の陸っぱりでは季節問わず、超釣れています!(11月以降はフォールでのバイトは流石に減ります(^_^;))

 

ファットイカ、是非試してみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA