ラインは太い方が飛ぶ??

ラインは太い方が飛ぶ?

シャツにスラックスという服装の時は汗をかくのが嫌なのに、

釣りをしている最中の汗は気にならず、むしろ、サウナが大好きな管理人です。

 

今日のテーマはラインと飛距離のお話です。

 

スポンサーリンク

飛距離が欲しくてラインを細くしたら・・・。

 

陸っぱりでバス釣りをしていると、

 

「あと5メートル先の、あの木まで届かせたい!(´д`)」

 

そんなことを思う日も多いはずです。

 

かくいう管理人も、今まで、かなりの試行錯誤を繰り返してきました。

 

SSAIRにフロロ8ld.のセッティング

 

SSAIRにPE2号

スピニングにPE0.8号

 

写真に残しているモノは僅かですが、本当に色々試してみました。

ロッドの固さを変えてみたり、ラインの細さも変えてみたり。

 

・・・で、結局は、

ジリオンSVTWにフロロ10ld.

といういつものタックルに落ち着くのです・・・(^_^;)

 

・・・というか、無理矢理ジリオンに落ち着かせているのが正直なところです。

 

というのも、管理人がメインで使うルアーは・・・、

 

そうです。

ゲーリーヤマモトのファットイカです。

 

このファットイカが、非常に悩ましいウェイトなのです。

 

・・・というのも、

 

SSAIRだと、めちゃくちゃ飛ぶんですよね・・・。(^_^;)

 

50メートル巻いたラインが、出切ります。

空中で出切ります。

 

ジリオンSVTWでも同程度の距離は飛びますが、

SSAIRだと「余裕で」飛ぶのです。

 

(管理人程度のキャストでこの飛距離ですから、

巧い方が投げると、もっと飛ぶのだと思います。)

 

スポンサーリンク

 

・・・はい。

・・・飛ぶのなら、SSAIRで投げれば良いじゃないか。

 

そう、思いましたよね??

 

管理人的には、ダメです。

 

・・・というのも、

SSAIRは8ld.ラインとMパワーのロッドと合わせることで、

ネコリグやスモラバを快適に扱えるようにセッティングしています。

 

問題は、この「8ld.」というラインの細さなのです。

 

この細さでは、割と太軸フックでファットイカを扱うには、

少々心許ないのです。・・・(´д`)

 

ファットイカのようにルアーパワーがある場合、

ラインの細さは、ヒットの有無にはあまり影響が無いように感じます。

 

さらに、バスを掛けてからの安心感は、

ジリオンSVTWにフロロ10ld.をMHのロッド

という組み合わせが完全に勝っています。

ファイトがとってもラクですもん(^_^;)

 

ということで、ファットイカのノーシンカーは、

ジリオンSVTWで扱いたいのです。

どうにかジリオンSVTWをSSAIRのキャストフィールに近づけたいのです。

もちろん、ファットイカのノーシンカーを扱う際に限定して。です。

 

そこで、試行錯誤が無限ループになるのです。

 

ラインをナイロン12ld.にしてみる。

 

・・・飛距離は出ますが、フッキングが難しいです。

伸びがある分、アワセ方に工夫が要りそうです。

 

・・・太くすれば伸びないのでは??

という短絡的思考で・・・。

 

ナイロン20ld.にしてみる。

 

・・・もう、自分自身のアホさにビックリしました。

飛距離が明らかに下がります。

というより、糸巻き量の観点から、RCSスプールの利点が消えました。

 

フロロ8ld.にしてみる。

 

これはビックリしましたが、飛距離が下がりました。

そして、更にビックリしたのが、

「8ld.で良いのならSSAIR使えよ!!(>_<)」です。

・・・自分自身のアホさにビックリです。

 

・・・が、怪我の功名です。

 

・・・ん?細けりゃ飛ぶ・・・は間違い?

 

ってことに気付いたのです。

ルアーが飛んでいく際には、ラインを引き連れて飛びますから、

「ラインは軽い方が良い」は正しいんだと思います。

フロロよりナイロンやPEが飛距離に優れる理由ですね。

 

ただ、

細い糸を、太い糸と同じ量だけ巻くと、

当然ながら太い糸より「長い距離」巻けます。

 

・・・で、

 

細い糸を、太い糸と同じ距離だけ巻くと、

スプールエッジまでの「高さが低く」なります。

 

・・・当然ですよね。

 

ただ、これが重要なんじゃないかと思ったのです(@_@)

 

「長い距離」を巻けば、「スプールも含めた総重量が増える」

 

「高さが低い」≒「スプール直径が小さい」=「回転数が必要」

 

 

こういうことかー!!!(=_=)

 

なので、軽量浅溝スプールに必要な量だけを巻くんですね!!

 

素人感満載の今更な理解ですが、

 

やっと分かりました。

 

スプールを含めた総重量のバランス

 

これが快適なキャスティングの鍵のようです。

 

・・・ということは、

 

もうすぐ手元に届くはずの、軽量スプールが役に立ちそうですね(^^)

 

 

また、届き次第実験してみます!

 

スポンサーリンク

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA